« LongDistance  〜〜〜 北の地の そのまた東の 冬どき三景 2024 〜〜〜  梅村貴子 | トップページ | 根室本線-大地の軌跡⑧  深川俊一郎 »

2024年3月18日 (月)

阪堺電車の味わい深い停留所 2   服部一人

_111

_r002018

_dsc5769

_dsc5821

_dsc5726

安立町

安立町は阪堺電車によくある住宅街の中の小さな停留所だが、なんといってもここが素晴らしいのは天王寺方面行きのホームに直結して古いモルタル塗りの建物があり、その一角に「カラオケ あんりゅう倶楽部」 というお店があることだ。この住居兼店舗のような建物と駅のホームはほぼ一体となったような状態で建物の壁からそのままホームの屋根も出ている。

実際にお店が開店している時間帯ではなかったので、今も営業しているのかどうかは定かではないのだが、夜にホームのベンチで電車を待っていると、ほんのりとカラオケの音楽が聞こえてくるなどという状況だったら、昭和風情というか映画が撮れそうな雰囲気である。次回モ161が走行するときにはぜひ、この駅で撮りたいなぁと思う。

 

1122

_dsc5857

_dsc5865

_dsc6357

_dsc5599-1_20240317165201


我孫子道

言わずと知れた我孫子道。ここは停留所と言わず「我孫子道駅」といって差し支えない堂々とした風情がただよう。阪堺電車の本社や車庫もあり、この鉄道の中心ということがよくわかる。この駅止まりや始発の電車もあり、車庫からの出入りもあるので長くいても飽きない。車庫の外の留置線にはたいてい何両もの電車が停まっていて天気の良い日にはまるで日向ぼっこしているようにも見える。

SONY α7Ⅳ, 24-105/4, RICOH GRⅢX, 26.1/2.8           VOL.1846

« LongDistance  〜〜〜 北の地の そのまた東の 冬どき三景 2024 〜〜〜  梅村貴子 | トップページ | 根室本線-大地の軌跡⑧  深川俊一郎 »

服部一人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LongDistance  〜〜〜 北の地の そのまた東の 冬どき三景 2024 〜〜〜  梅村貴子 | トップページ | 根室本線-大地の軌跡⑧  深川俊一郎 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31