« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月15日 (月)

LongDistance  □□□ 釧網本線のH100 □□□ 梅村貴子

240715_001

釧網本線からキハ54と40が姿を消して数ヶ月たちます。カーブの向こうから赤白の花咲線カラーがやってくると、一瞬、54?!!と勝手な勘違い。そうでした、H100にも同じラッピングを施していただいたのでした。
そしていつの間にか、昔からそこにいたようにH100は馴染んでくるのでしょうね。これからどうぞよろしく。

240715_002
札弦ー清里町

240715_003
磯分内ー摩周

240715_004
札弦ー緑

240715_005
釧路ー東釧路

240715_006

JR北海道  釧網本線 
Sony α7R3・α7lll  /  FE16-35mm F4・FE70-200mm F2.8M2(トリミングあり)  
vol.1885 

2024年7月12日 (金)

見なれた街Ⅱ  240712  太和田光一郎

Pmd_0753k_2

Pmd_0867k_2

梅雨の晴れ間、つものS字カーブの踏切へ行ってみると、京急の幸せのイエローハッピートレインがいきなりファインダーの中へ飛び込んできたのにはビックリ‼

まるでドクターイエローに遭遇したような気分でした。

成田空港駅から折り返して上ってきたところを狙ったが、残念ながら曇ってしまった。(写真上)

Pmd_0694k_2早朝、自宅の庭のレモンバームにカマキリがやって来た・・・。(写真下)

撮影:2024.7.9  京成本線 京成船橋-海神間
Nikon Z8   FD500mm F4.5L・Z24-70mm F4
FD200mm F4マクロ・FD1.4X-A
Pmd_0618kt_2
Vol.1884

2024年7月 9日 (火)

有軌電車のある街-大連市電13②  深川俊一郎

大連市電は1909年9月に開通。元々は南満州鉄道(満鉄)の一部門から始まり、現在の大連公交客運集団に続く114年の歴史があります。
現在でも主力車両として走るのが、何と1937年日本車両製造製の旧型車(501形→3000形→2200形)で、モスグリーンとエンジのシックな2種類の塗装で大連の街を闊歩しています。

240202
露天商
大粒のサクランボについ手が伸びてしまう。
よくみると現金箱がない。こんなところまでキャッシュレスだ!
大連市電 大連火車駅-勝利橋 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ(+1)

24025_20240708203201
駅前通り
大陸なのにどこか日本的な駅前風景。
1937年に完成した大連駅は、1932年竣工の上野駅を模しているが、その大きさは一回り大きい。
大連市電 東関街-大連火車駅 HASSELBLAD 201F Planar FE 110mmF2 T* RDPⅢ(+1)

24025_20240708203301
語り部
長年の歴史が静かに語りかけてくる。
満鉄旧本社屋は一世紀を経てなお、鉄路局として健在だ。
大連市電 世紀街-三八広場 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ(+1)

24027_20240708203301
年代物
時代を感じさせる年代物同士。
年代物の郵便ポストは、これまた年代物の市電の塗装にそっくりだ。
大連市電 大連火車駅-勝利橋 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ(+1)

24024_20240708203201
再開発の街
街並みすれすれを電車が通る。人一人通るのがやっとだ。
東関街では一部の街並みを残した再開発がおこなわれており、復刻された建物の窓ガラスはピカピカだ。
大連市電 市場街-東関街 HASSELBLAD 201F Distagon FE 50mmF2.8 T* RDPⅢ(+1)

24026
坂の上の電停
急坂のてっぺんにある電停で、人も電車も一息だ。
北京街には100年前に建てられたキリスト教礼拝堂があり、中国にいながら異国の雰囲気だ。
大連市電 北京街 HASSELBLAD 201F Tele-Tessar FE 250mmF4 T*+2XE RDPⅢ(+1)

③に続きます

Vol.1883

2024年7月 6日 (土)

広島電鉄の元京都市電勇退 1902 1903   服部一人

_kaz8592

20100402__0049

20100402__0481

かつては電車博物館のように旧型トラムが多数活躍していた広島電鉄。特に京都から来た1900型は数も多くよく目にする車両だった。1900型は京都市電が廃止になった1977年以降に15両もの多数が広電に移籍した。その後、現在にいたるまで45年以上の長きにわたって1両も廃車されることなく活躍してきた。これはひとえに車両の丈夫さや運転や整備のしやすさなど使い勝手が良かったためだろう。その1900型のうち、ついに1902と1903の2両が今般引退することが広電から発表された。ご苦労さまでしたと一言声をかけて見送りたい気持ちだ。

自分は京都市電がまだ現役だった頃に1度だけ本格的に撮影に出かけたことがある。その時に少し見ただけなのだが、以後広電にくるたびに懐かしい顔に再会した気分だった。今回の写真はこの3月に久しぶりに広島を訪れた時のものと、2010年に撮影したものから1902と1903を選んだ。昔の写真には1900型以外にも古い電車が写っていて、あの頃の広電はトラム好きには楽園だったなとあらためて思った次第である。

20100402__0013

20100401__0076

_kaz8687

CANON EO5DⅡ  EF28-70/2.8L  70-200/2.8L  FUJI X-T3  XF16-55/2.8  SONYα7Ⅳ  24−105/4    VOL.1882

2024年7月 3日 (水)

LongDistance 〜〜〜 特急大雪 GREEN GREEN 〜〜〜  梅村貴子

240703_001 

240703_002

240703_004

240703_003

240703_005

少し前の記事によりますと「特急大雪」は来春のダイヤ改正時に車掌さんが乗車しない「快速列車」に格下げする検討がなされているそう。車両がH100に変わることも推測されていて、H100はそれはそれで可愛らしいしお利口さんなんだけれど、少し前の味のある列車がいなくなっていくのはやはり寂しいです。もちろんそれなりの理由があってのことは重々承知の上で、色々と良き方向に進むことを願います。

JR北海道 石北本線 生田原ー安国 丸瀬布駅・白滝駅・丸瀬布ー白滝   「特急大雪」 
Sony α7R3・α7lll  /  FE16-35mm F4・FE70-200mm F2.8M2(トリミングあり)  
vol.1881 

« 2024年6月 | トップページ

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31