2017年8月18日 (金)

東海道新幹線ランドスケープ 170818  太和田光一郎

                     ・・・ 模型のような街   Vol.1 ・・・

Pmd_6298kt_

Pmd_2541k_

Pmd_5845kt_

Pmd_3302kt_

Pmd_1877kt_

Pmd_1824kt_

Pmd_2614kt_

Pmd_2123kt_

Pmd_3918kt_

Pmd_0958kt_

① 2017.6.10 東海道新幹線 新横浜-小田原間 

② 2017.8.6        〃        新横浜-品川間

③ 2017.7.15      〃       新横浜-小田原間

④ 2016.5.8        〃        名古屋-岐阜羽島間

⑤ 2016.9.17          〃         京都-新大阪間

⑥    〃               〃        〃

⑦ 2016.11.26       〃        新富士-静岡間

⑧ 2017.2.19          〃         京都-新大阪間

⑨ 2017.8.13         〃          掛川-静岡間

⑩ 2017.2.10         〃          新横浜-品川間

Nikon D5   24-70mm F2.8   70-200mm F4    Vol.1010

2017年8月 6日 (日)

久方ぶりの北海道  170806  太和田光一郎

先日、今から42年前に我が国の最後のSLが走った夕張線(現:JR石勝線)に仕事で訪れ、乗車する機会を得た。

当時、中学一年生だった私は、12月14日、C57135号機が牽引する旅客列車のお別れ運転のTVニュースを自宅で観たことをよく憶えている。

翌年発売の鉄道ジャーナル4月増刊『蒸気機関車の最後』の中で、廣田尚敬先生が全身全霊で特写した、SL最後の日を克明に記録したフォト・ドキュメント『終曲』の、グラビアページの素晴しい写真の数々には、どれほど影響されたか知れない。

そして今回、恥ずかしながら初めてこの地を訪れた私は、夕張-新夕張間の廃止予定を現地で聞くことになり、なんともやりきれない思いでの撮影行となった…。

Pmd_8176k__2

Pmd_8604kt__2

Pmd_8619kt_

Pmd_8709kt_

Pmd_0016kt_

Pmd_8308k_

Pmd_8399kt_

Pmd_8569kt_

① 夕張行き最終列車に乗り込む (南千歳にて)

② 一部複線だった頃の名残り (夕張-鹿ノ谷間)

③ 早朝の鹿ノ谷駅。 これから一番列車がやってくる。 

④ この日、早起きは三文の徳ならぬ、2本の徳だった (夕張-鹿ノ谷間)

⑤ 追分の11分停車の間に…。

⑥ 夕張行きのキハ40の車内。乗客は数えるほど。Pmd_8323k__2

⑦ 美しい夕焼けを車窓から (沼ノ沢-南清水沢間) 

⑧ 夕張行き最終列車で無事到着。

このような景色を見ると北海道に来ていることを実感する。追分-川端間 (写真右上)

新千歳空港にもうすぐ着陸(写真右下)Pmd_8048k_

雨の中、信号所で特急『スーパーとかち5号』帯広行きと交換。 新夕張-滝ノ上間・車窓より(写真下)

撮影 : 2017.7.22-23  JR石勝線   Nikon D5   24-70mm F2.8   70-200mm F4   300mm F4PF    Vol.1006

Pmd_9977kt_

2017年7月26日 (水)

レイル・オン ブログ1000回記念 ラショナル・シティⅡ Vol.1001      太和田光一郎

Pmd_9242k_

Pmd_7733kt__2

Pmd_4988k_

Pmd_9689k68_

Pmd_5245kt68_

Pmd_7617kt_

Pmd_2332kt__3

レイル・オンブログ「現代鉄道写真研究所」は、おかげさまで一昨日に通算1000回を迎えることが出来ました。これも皆様からの温かいご支援のおかげと、心より感謝申し上げます。

さて、今回は1000回を記念して、東京モノレールの1000形をモチーフに、この春から撮り下ろした写真を中心に構成いたしました。

訪れるたびに新たな発見があり,進化し続ける街、TOKYO…。

そんなインテリジェントな都会によく似合う東京モノレールは、今日もこのラショナル・シティに爽やかな風を残して駆け抜けていきます。

                                            Vol.1001

① 2017.5.4    500形塗色のレッドが五色橋を渡る (芝浦付近)

② 2017.7.20  この日のために特写したトップナンバーの 1001 八潮付近)

③ 2017.7.11  タワーマンションが建ち並ぶセレブな街並み (芝浦付近) 

④ 2017.5.5   運河の上を通り、羽田空港へ向かうオリジナル塗装の1000形 (芝浦付近)

⑤ 2017.7.11  再開発真っ只中 (田町付近)

⑥ 2017.7.20  10000形の鮮やかな塗色になった1000形。後方は引込線をゆく東海道新幹線 (東品川付近)

⑦ 2005.8.19   開業時のリバイバル塗装でデビューした頃の1000形 (芝浦付近)

Nikon Df   D2X   12-24mm F4   14-24mm F2.8   16-35mm F4    Ai400mm F3.5S   TC-14B  撮影協力:UR都市機構

10004

2017年7月15日 (土)

久方ぶりの一番列車  170715   太和田光一郎

Pmd_4701kt_

Pmd_4766kta_

Pmd_4785kta_

Pmd_4943kt_
久しぶりに東京6:33発名古屋行きの『こだま631号』に乗車しました。今日は晴れているので海側の逆光を主に狙うことに。透明感溢れる朝の光が清々しく、身の引き締まる思いです。

① 東海道新幹線 品川-新横浜間

②        〃                    〃

③        〃                    〃

④      〃      小田原-熱海間

撮影:2017.6.2   Nikon D5  70-200mm F4    Vol.997

2017年7月 3日 (月)

久方ぶりの北九州  170703   太和田光一郎

Pmd_8482kt_

空飛ぶモノレールたちがあまりにカッコいい。

Pmd_8569kt_

オリジナル塗色車が企救丘を出発してゆく。

Pmd_8482k66_

Pmd_8695k_

Pmd_8697k_

最近リニューアルされた『銀河鉄道999』号

Pmd_8786k66_

暮色の企救丘を後にする鮮やかなラッピング車。

Pmd_8870k_

もうじき夏至。19:30近くになっても、まだまだ撮れる明るさだ。

Pmd_8934k__4

久方ぶりの北九州。今回も仕事で前日に小倉入りした。私が初めてこの地へ訪れたのは、北九州モノレールが開業した1985年。終点の企救丘周辺は、当時もずいぶん宅地化されてはいたが、沿線には高層マンションが林立していて景観が激変していた。

また、ラッピング車両が多いのも特徴のひとつ。カラフルな編成が次から次へやって来る。これは一日いても飽きることがなさそうだ。

Pmd_8502kt__2

Pmd_8890kt__4

企救丘にある車両基地・小倉駅のにぎわい(写真左)

ホテルは今回も東横インに予約。ラッキーなことに、またしても一番端の部屋だったので、窓から小倉駅を出発するモノレールがバッチリ狙えた。高さもちょうどいい。(写真右上)

撮影:2017.6.17 Nikon D5  24-70mm  70-200mm  Vol.993

開業して間もない頃。現在は手前にマンションが建ってしまい、もう撮ることの出来ない貴重なカット。撮影:1985.12.28 志井-嵐山口間(写真下) Nikon F3  180mm F2.8  PKR

Image1k__3

2017年6月21日 (水)

久方ぶりの鳥取  170621  太和田光一郎

Pmd_2951k35_

Pmd_2987k35_

Pmd_2981k_

Pmd_2964k35_

Pmd_3011k66__2前回、いつ頃訪れたのかはっきり思い出せないくらい久しぶりの鳥取。若桜鉄道の撮影が最後だとしたら実に28年ぶりの再訪だ。

仕事の合間に、駅前にある『鳥取鉄道記念物公園』を撮影した。何でも1978年に鳥取駅の高架化に伴って不要になった鉄道遺構を公園内に保存したものらしい。

砂に埋もれた鄙びた軌道が非電化ローカル線を思わせてくれた…。

宿泊のホテルは駅前の東横イン。すでに予約はしてあったが、駅を俯瞰したかったので部屋を最上階の山陰本線側にしていただいた。翌朝、部屋の窓から撮った岡山から到着した『スーパーいなば1号』(手前)。昔ながらの改札口の鳥取駅。(写真左下)

Pmd_3087k35_

Pmd_3047k35_

駅前で偶然見つけたおしゃれなシンメトリー。帰りの羽田行きの飛行機は、離陸してすぐに右に旋回。鳥取砂丘を一瞬、観ることができた。(写真下)

Pmd_3039k__2

 

撮影 : 2017.5.26-27 

Nikon Df  D5   16-35mm  24-70mm   70-200mm     Vol.989

Pmd_4322k_

 

2017年6月 7日 (水)

レイル・オン ブログ「現代鉄道写真研究所」5周年記念  太和田光一郎

           * カーテンウォール美Ⅱ*

Pmd_4382k66_

Pmd_5211k66_

Pmd_4406k35_

Pmd_4445k66_

Pmd_0584k66_

Pmd_2856k35_

Pmd_5470k35_

Pmd_5698k66_

Pmd_8041k66_

Pmd_6125k66_

レイル・オンブログ「現代鉄道写真研究所」は、おかげさまで5周年を迎えることが出来ました。これも皆様からの温かいご支援のおかげと、心より感謝申し上げます。

さて、今回は5周年を記念して、東海道新幹線の車窓から見た沿線の超高層ビルディング群の景観です。

多彩なデザインで構成された、フォトジェニックなカーテンウォール(超高層ビル用に開発された軽量な外壁材)は、乗車するたびに様々な表情を見せてくれました。

① 2017.6.2     東海道新幹線 東京駅

② 2016.12.10      〃       豊橋駅

③ 2017.6.2        〃        東京-品川間

④ 2016.5.8        〃        名古屋駅

⑤ 2017.1.28           〃         品川-新横浜間

⑥ 2016.10.29       〃        東京-品川間

⑦ 2017.1.6            〃          新横浜駅

⑧ 2017.6.3            〃               〃

⑨ 2017.1.21         〃          新横浜-品川間

⑩ 2016.10.31        〃                  〃

Nikon D5   24-70mm F2.8   70-200mm F4    Vol.984

1706_002_4

2017年5月30日 (火)

Df散歩 60sec Story 太和田光一郎

Pmd_1866kt_

Pmd_1863ky_

Pmd_1886k_

Pmd_1891k_

Pmd_1889kt_
ある晴れた日、通勤途中の60秒間のドラマです。

2017.3.16 東京メトロ東西線 西葛西-南砂町間 (荒川橋梁通過)   Nikon Df  55mm F3.5    Vol.980

2017年5月18日 (木)

久方ぶりの長崎  170518 太和田光一郎

Pmd_8267kt_

久方ぶりの長崎での仕事のため、ヒコーキで前日入り。リムジンバスが駅前に着いたのは20:00を回っていましたが、ホテルに行くまでの間、撮影を楽しみました。

下の写真は、駅前の歩道橋からの撮影です。3枚目の写真は築町の電停をバスの車内から撮っています。

翌日は朝から快晴になり、茂里町まで乗車して仕事場へ…。

昼休みに外に出てスナップしたのが上の写真です。

Pmd_8058k_

Pmd_8114kt_

Pmd_7955kt_

オマケ:JR長崎駅を見学した後、裏側のヤードがあったところへ行ってみると、すでに線路は剥されており再開発の真っ只中でした。(写真下)

博多から新幹線がやってくるのは、いつ頃なのでしょうか。

Pmd_8133k612_ 長崎電気軌道 撮影:2017.4.29-30  Nikon D5  16-35mm F4   70-200mm F4     Vol.976

2017年5月 6日 (土)

東海道新幹線ランドスケープ   170506  太和田光一郎

Pmd_5222krafa_
世界のFUJITEC。世界のSHINKANSEN…。

2017.4.16 東海道新幹線 京都-米原間  Nikon D5    70-200mm F4            Vol.972

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31