2021年10月21日 (木)

京都鉄道博物館(上)   服部一人

_kzf2984

 

_kzf2962

 

_kzf2991

 

_kzf2993

 

京都鉄道博物館に行ってきた。リニューアルされてから初めての訪問だ。いろいろと話は聞いていたが、以前に比べ、より広く、車両も増え、さらに屋内展示も充実して素晴らしかった。ほんの数時間くらいのつもりだったが、つい真剣に見てしまい、結局半日以上滞在して堪能した。

この日はD51200が試験運転のためか、構内を何度も往復しており、見学中ずっと歯切れの良いドラフト音が聞こえていたのも気分が盛り上がって実に良かった。

 

_kzf3037

 

FUJI X-100F,  XF23/2                                       VOL.1539

2021年10月 9日 (土)

京都駅 緑の電車   服部一人

_kzf2933

 

_kzf2940

 

_kzf2942

先日、所用で京都駅に行った折、懐かしい感じのする電車が停まっていた。

いずれも国鉄時代からの電車で、111系もスラントした前面が特徴の117系もかつてはありふれて目にする電車だった。しかし気がつけばもうJR西日本管内でしかみられない。しかも次第にその数を減らしている。そのうち全車引退する日も来るだろう。

 

この緑一色の塗装もレトロな感じがしていいようにも思うが、やはりかつての塗装の方がふさわしいかなという気がした。

_kzf3044

 

FUJI X-100F,  XF23/2                                     VOL.1535

 

 

2021年9月27日 (月)

とさでん交通 沿線風景の味わい   服部一人

_dsf2029

_dsf2269

_dsf2473

少し前の写真なのですが、高知のとさでん交通を訪れた時の写真を見返していたら、沿線風景ののどかな風情が写っている写真が何枚も見つかって楽しくなってしまいました。この路線の両端部分には写真にあるように路側軌道の区間があります。これがインターアーバン風というか、いなか電車風といったらよいか、とにかくいい雰囲気です。

 

こういう風に少し引いた構図で、車両は小さくなるけど周囲の情景が写ってる写真は見ていてなかなか飽きません。車両以外にも背景などに見所が多いからでしょう。僕はトラムの撮影では、よくこういう撮り方をします。


_dsf1981

_dsf2166

_dsf2177

_dsf2244

FUJI X-T3,T2,  XF35/2,  XF10-24/4                          VOL.1531

2021年9月 2日 (木)

1980年代初頭のソビエト連邦(ロシア)のトラム   服部一人

R28

 

R29

 

Scan-49a2

 

R39

 

いま青山のギャラリーで写真展をやっているのだが、その展示写真を選ぶために40年前の古い旅行の写真を整理していた。当時ソビエト連邦と呼ばれていた今のロシアなどを旅行したのだが、行く先々でトラムの写真を撮っている。当時のソビエトはちょっとした人口規模の都市に行くと必ずと言っていいほどトラムが走っていて、街を散歩しながらいろいろ写真を撮っている。

 

印象に残っているのは女性の運転手が多かったことで、これは当時の日本では見られなかったことだった。いま写真を見ると、二軸単車があり、ポール集電がありといった具合でファンの視点で見ても興味が尽きない。

 

Scan-50

Scan-48

Scan-52

Scan-46

写真展は来週月曜日までやっています。ここに載せたトラムの写真が全て展示されているわけではないのですが、40年前のインドやロシア、中国の街のスナップショットです。猛暑にコロナの状況下で、ぜひお越しくださいとは申し上げられませんが、ご無理のないようによろしければご覧になってくださいませ。よろしくお願いします。

 

服部一人 写真展 「 初めての旅 」

会期 2021年8月29日(日)〜 9月6日(月) 12:00〜19:00(最終日16:00) 8月31日(火)お休み

会場 ギャラリー・ストークス

   〒107-0062 東京都港区 南青山6—2−10 TIビル4階

   TEL.03-3797-0856  (東京メトロ 表参道駅 B1出口)

https://gallery-storks.com/index.html

Dm1

 

VOL.1523

2021年8月21日 (土)

青森駅改装中   服部一人

_kzf2627

先日青森駅に行ったら、いつのまにか古い駅舎が解体されてなくなっていた。新しい駅ビルになるそうだ。

_kzf2581

東西を結ぶ跨線橋も新しいものができていた。以前のものに比べて幅が広い。

ちなみに以前にあった古い跨線橋はこんな感じ↓

まだ残っているが、これから解体作業が始まるらしい。

_kzf2634

_dsf2198

こうやって見ると青函連絡船の時代は遠い昔になってしまった。

_kzf2637

_kzf2647

ちょうどこの日はカシオペアの臨時列車が走る日だったようだ。カメラを持った人もいる。久しぶりに見るカシオペアはやはりかっこいい。一度、これの2階個室で旅してみたいなぁ。

2021年7月4日撮影

FUJI X-T3  XF16-55/2.8                               VOL.1519

2021年8月 9日 (月)

写真展「初めての旅」 ご案内   服部一人

131204_20210809194801
                          カルカッタ インド

R23a2
                          イルクーツク ソ連

C4k_20210813140801  
                             北京 中国

毎日暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

このたび写真展を開催します。今回の展示は40年前の旅のスナップショット。鉄道ネタの写真展ではないのですが、鉄道関連も何点か出てきます。

昨今のコロナ禍で昨年はついに海外旅行に一度も行かず、今年もおそらく行けそうにありません。こんなことは人生でも久しぶりです。それ以前はいろいろ外国旅行するのが楽しみでした。その海外旅行の原点とも言えるのが20歳の時に初めて出かけたインド、ソ連(ロシア)、中国旅行でした。

大昔の写真ですが、ほとんどは未発表の作品です。若い時の写真なので未熟なところは多々あるのですが、今ではもう見ることができない風景や生活が写っています。

展示する20数点の写真は当然ですが、すべてモノクロフィルムで撮った銀塩写真。懐かしい記憶をたどりながら一枚一枚、暗室でプリントしました。

猛暑にコロナの状況下で、ぜひお越しくださいとは申し上げられませんが、ご無理のないようによろしければご覧になってくださいませ。よろしくお願いします。

 

服部一人 写真展 「 初めての旅 」

会期 2021年8月29日(日)〜 9月6日(月) 12:00〜19:00(最終日16:00) 8月31日(火)お休み

会場 ギャラリー・ストークス

   〒107-0062 東京都港区 南青山6—2−10 TIビル4階

   TEL.03-3797-0856  (東京メトロ 表参道駅 B1出口)

https://gallery-storks.com/index.html

Dm1
Dm2

VOL.1515

2021年7月27日 (火)

コデ165 伊豆箱根鉄道大雄山線   服部一人

Kazt5128

Kazt5090

Dscf5907

Dscf5946

先日、大雄山車庫でのコデ165見学会に行って来た。コデは現在は工事用車両だが、1996年まではモハ165を名乗って電車として活躍していた。元をたどれば昭和3年に鉄道省向けに作られた電車なので、ずいぶんと長寿で貴重な車両なのだ。

数年前まで黄色い派手な塗装だったのだが、その後シブい葡萄色に塗り替えられて、こちらの方が断然似合う。今回の見学会は大雄山駅の構内を定期列車の合間を縫って数往復するというものだったが、今時のカラフルな電車に混じっても重厚な存在感があった。

*大雄山車庫は通常は見学等の内部公開はしていません。今回は伊豆箱根鉄道の協力のもと開催された見学会です。写真はすべて許可を得て撮影されています。

 

Dscf5881

Dscf5920
この西武カラーも今となっては懐かしい電車だ。西武多摩川線あたりでよく見かけた風情だ。

 

FUJI X-T3,T2,  XF16-55/2.8,  90/2                                           VOL.1510

 

 

2021年7月15日 (木)

箱根登山鉄道 入生田検車区   服部一人

Kazt4947

Dscf5696
本日の運用を終えて箱根湯本から旧型2連の回送列車が到着した。この区間だけは3線軌条が残っている。

先日の箱根登山鉄道撮影では、鉄道会社の大きな協力を得て入生田検車区の見学会が行われた。普段見ることができない車庫の内部は興味津々。色違いの106と108を並べていただいて、きちんと写真が撮れたのは大満足。電車もホームではなく、地上から眺めると意外と背が高く大きく感じるものだ。


Kazt4967

Dscf5733

Kazt5005

Dscf5768

FUJI XT-3,  XF16-55/2.8,  90/2                              VOL.1507


*入生田検車区は通常は見学等の内部公開はしていません。今回は箱根登山鉄道の協力のもと開催された見学会です。写真はすべて許可を得て撮影されています。

2021年7月 2日 (金)

CAFE 107   服部一人

Kazt5075

Dscf5835

Dscf5809

先日の箱根登山鉄道を撮影に行った折、風祭駅すぐ近くの国道沿いにある「CAFE107」に立ち寄った。ここには箱根登山鉄道最後の釣り掛け電車だった107号が手厚く保存されている。カフェの施設の一部として利用され車内にも入ることができる。ロングシートの一部は可愛らしい模様の生地に張り替えられてなかなか素敵だ。カフェの経営はすぐ隣にある有名な蒲鉾屋さんなので、せっかくだから蒲鉾セットと一緒に撮ってみた。こちらにおいでの節は、ぜひどうぞ。

Dscf5814

Dscf5813

Dscf5844

FUJI X-T3, XF16-55/2.8                     VOL.1503

 

 

 

2021年6月21日 (月)

初夏の箱根登山鉄道 旧型車モハ1,2を愛でる   服部一人

Dscf6084

Kazt4911

Dscf5522

Dscf5651

Kazt5439  

箱根登山鉄道に残る旧型電車は先日の引退で109号が廃車になったが、まだ3両(104,106,108)が残っている。いずれも冷房がついていないので夏の間は出番がない。毎日運用されているわけではないけれど、 本格的な夏を迎える前の今のうちならまだ見られるかもしれないということで出かけてみた。

 

名物のあじさいは下の方はほぼ満開、上に行くと、まだまだこれからといった感じだった。3月に訪れた時には沿線はまだ枯れ木だったが、今はみずみずしい濃い緑に覆われていて気持ちの良い1日だった。

 

Dscf5972

Dscf6194

Kazt5242

 

FUJI X-T2,T3,  XF16-55/2.8,  35/2, 50/2, 90/2                               VOL.1499

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31