2019年2月12日 (火)

トラムの走る町 36 アントワープ ベルギー   服部一人

Kazt4762

_kzf4066

_kzf4009b
背景に見える荘厳な建物はアントワープ中央駅→http://blog.rail-on.com/2019/01
/14-8179.html

アントワープのトラムはメーターゲージ。標準軌が多いヨーロッパにあって、このちょっとナローな感じは僕の好みに合う。系統数12路線で総延長は116キロにもなる。市内中心部は一部区間で地下鉄になり、これはプレメトロと呼ばれている。

いまどきの連接低床車が増えてきたが、まだ多くのPCCカー7000型が走っている。路線によって単行、または2両連結で運行されている。僕の興味も当然この7000型なのだが、とりわけファーストナンバーの7001号は旧塗装になっていて、ひときわレトロで目を引く。


_kzf3983
こちらがファーストナンバーの7001 1960年製です

Kazt4846

Kazt4764

アクセスとガイド

トラムはDe Lijn(デ レイン)社が運行しており、通常の1回券は3ユーロと少々高いが、ここは一日券を買うのが便利。これなら6ユーロなので撮影で乗り降りしていればすぐに元は取れる。Lijnwinkeisというチケット販売所が中央駅の中にあって、こちらで購入した。ほかにもキオスクなどでも買えるらしい。

系統番号11番(Melkmarkt〜Antwerpen Berchem)の終点Antwerpen Berchem の手前にCogels-Osylei(コーゲルス オスイレイ)という通りがある。ここは19世紀末のアールヌーボー調の住宅が立ち並ぶ通りだ。それぞれに個性的な装飾の邸宅が堂々と居を構える通りはレトロな電車の背景にぴったり。

Kazt4812b_2

Cogels-Osylei(コーゲルス オスイレイ)通りをゆく7000型

Kazt4770

もちろん連接低床車も走っています。PCCカーの7000型から乗り換えると格段に車内は静かで乗り心地はいいです

_kzf4193


Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35, 50 VOL.1205

2019年1月30日 (水)

銀座で写真展やってます   服部一人

34
                     リスボン ポルトガル

17
                       バーゼル スイス

5
                     マドリード スペイン
Kazt4045
                   ブリュッセル ベルギー

銀座での写真展、残すところあと2日となりました。今週木曜1月31日19時までです。また、すでにご来場いただいたお客様、ほんとうにありがとうございました。

この4点はいずれも会場で展示しているものです。駅の雰囲気、トラムの風情、ぜひお越しください。


「駅・雑踏・トラム」   服部一人 作品展

2019年1月18日(金)〜1月31日(木) 会期中無休
11:00〜19:00

ソニーイメージングギャラリー銀座
104-0061
東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6階
(銀座4丁目交差点 日産自動車のショールームのあるビルです。)
TEL.03-3571-7606

https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/190118/ 

Image2


                                                                                                   VOL.1201

2019年1月18日 (金)

写真展 始まりました!!!   服部一人

Dsc00030

Dsc00026

Dsc00032 

 

みなさん、こんにちは。いよいよ本日1月18日(金)より写真展が始まります。

 

旅と鉄道のスナップショット40点に加え、大型テレビに迫力の4K映像もあります。

 

みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げていおります。

 

よろしくお願いします。


「駅・雑踏・トラム」   服部一人 作品展


2019年1月18日(金)〜1月31日(木) 会期中無休
11:00〜19:00

ソニーイメージングギャラリー銀座
104-0061
東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6階
(銀座4丁目交差点 日産自動車のショールームのあるビルです。)
TEL.03-3571-7606

https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/190118/ 

1

VOL.1197

2019年1月 6日 (日)

駅のたたずまい 14 アントワープ中央駅 ベルギー   服部一人

Kazt4942

Kazt4692

Kazt4700

Kazt4712

ヨーロッパの大都市の駅はだいたい立派な建物が多いのだが、このアントワープ中央駅は、その中でも特にすばらしい。外観も荘厳な感じだが、駅舎内部で高い天井を見上げていると、凝った装飾と重厚な作りで大聖堂の中にいるような気分だ。

中央駅といえば、昔は東京の上野駅のように行き止まり式のホームが主流だったが、これだと運行上の支障があるので、建て替えや改装の時に通過式のホームを増設することがしばしばある。このアントワープ中央駅も同様で、現在は地下を含む3層構造のホームになっている。改装の際にも古い駅舎の一部を残してあるので、往時のターミナル駅の華やかさを今も感じることができる。

Kazt4726

_kzf3977

地上にあるホームはがっしりした鉄骨の大屋根に覆われている。↑

地下にもホームがあり、こちらは通過式になっている。吹き抜けで地下ホームも明るい。↓

_kzf3952

今月なかばからの写真展では、このアントワープ中央駅など、欧州各国の駅のスナップショットを発表します。ぜひ、みなさまお越しください。

「駅・雑踏・トラム」   服部一人 作品展

2019年1月18日(金)〜1月31日(木) 会期中無休
11:00〜19:00

ソニーイメージングギャラリー銀座
104-0061
東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6階
(銀座4丁目交差点 日産自動車のショールームのあるビルです。)
TEL.03-3571-7606

https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/190118/ 

3rd__

FUJI X-T2, X100F, XF23/2, 35/2, 10-24/4                                              VOL.1193

 

2019年1月 3日 (木)

「Rail-On 謹賀新年号 4号車」   服部一人

3rd__

あけましておめでとう 写真展のご案内

新年あけましておめでとうございます。
年明け1つめの記事は写真展のご案内をさせてください。このたび今月18日より東京銀座で写真展をおこないます。

ヨーロッパの駅とトラム(路面電車)を題材にした旅のスナップショットです。鉄道そのものではなく、人と鉄道が作り出す日常や旅の鉄道情景を集めています。

寒い時期ではありますが、どうぞ皆さま、お友達、お知り合いなどお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。私も週末や平日の午後など、できるだけ在廊するつもりです。

どうぞよろしくお願いします。

「駅・雑踏・トラム」   服部一人 作品展
2019年1月18日(金)〜1月31日(木) 会期中無休
11:00〜19:00
ソニーイメージングギャラリー銀座
104-0061
東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6階
(銀座4丁目交差点 日産自動車のショールームのあるビルです。)
TEL.03-3571-7606
https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/190118/

実を申しますと、グループ展を別にすれば、今回が初めてのデジタル写真による個展です。個展はいままで何度もやってきましたが、いずれもフィルムによる銀塩写真でした。さらに付け加えますと鉄道を題材にした個展も初めてです。鉄道写真は子供の頃から長くやってきましたが、これまで個展をしたことはありませんでした。というわけで50才も半ばを過ぎているというのに初体験が続きます。

ついでにもうひとつ付け加えますと、今回会場にて、展示に関連する動画を常時上映しています。ソニーの65インチ大型テレビで高細密で美しい4K動画が見られます。私は写真が本職ですが、こと鉄道に関しては、「動いて」 「音が出る」 動画というものに強い魅力を感じています。こちらもぜひご覧ください。

30

21

VOL.1189

2018年12月31日 (月)

2018 今年の1枚   服部一人

_kzt0599c_2
みなさん、こんにちは。
今年もレイル・オンブログ「現代鉄道写真研究所」をご覧いただきましてありがとうございます。1年を振り返りまして今年の1枚として選んだのは、6月6日ブログ6周年記念として取り上げました、おなじみ阪堺電車の166の流し撮りです。なんだか6の数字が並びますねぇ。

いまや阪堺電車の至宝といってもいいモ161型、広告のないレトロなツートン塗装。この旧型車に似合う松虫界隈の線路ぎわの住宅。物干し台の洗濯物もいい味出してます。平成も終わろうという時代に昭和の名優がいまだ現役で走っている素晴らしさ。

今回、大晦日特別編として今年撮った海外のトラムの写真を何枚か並べてみましたが、こうして見比べてもモ161の貫禄はさすがです。保存車両ではない現役の風格とでもいいましょうか。

さて、今年もいくつかの小さな鉄道を訪ねて、いつもの僕の三大好物「トラム」「蒸気機関車」「ローカル線」を巡ってきましたが、とりわけ古いものには目がありません。来年もなんとか時間を工面して、まだ見ぬ美しい鉄道情景を訪ねて歩きたいと思います。

1年間どうもありがとうございました。みなさま方も揃って良い年をお迎えください。

明くる年が平和で穏やかな1年となることを願って。

2018年大晦日   服部一人

Kazt5404
フランス パリ公共交通博物館

_kzf4357
ベルギー ブリュッセルトラム博物館

Kazt3962b
オランダ ハーグ


Kazt4144
ベルギー チュアン

_kzf4859
フランス リール

Kazt4780
ベルギー アントワープ

Kazt3548              ザンビア リビングストーン鉄道博物館にて

FUJI X-T2, X100F, XF23/2, 35/2, 50/2                                      VOL.1184



2018年12月18日 (火)

駅のたたずまい 13 パリ東駅とオリエントエクスプレス   服部一人

_kzf4548

_kzf4549

_kzf4552朝日に輝く紋章、そしてデッキのステップにも「ベニス シンプロン オリエント エクスプレス」のプレートがある。

先般パリに行った時、朝食を買いに宿の近所の東駅に行ってみるとホームにあのオリエントエクスプレスが停まっていた。それは遠目にもすぐにそれとわかる存在感で、噂に聞く美しいブルーの客車は朝日に輝いて見えた。

この日は出発日ではなく、何かのイベントのための展示のようであったが、初めて見る高貴なたたずまいに感動してカメラを向けた。

_kzf4096

_kzf4560
この日見かけたほかの車両。旧型電気機関車はやはりイベント用で、このあと運転席の公開をやっていた。
両端はSNCF(フランス国鉄)の特急列車。真ん中はドイツから来たICE。

_kzf4209
パリ東駅、夜のたたずまい。


Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35, VOL.1180

2018年12月 6日 (木)

銚子電鉄 仲ノ町車庫   服部一人

_c0201272
仲ノ町の4台並び。(許可を得て構内より撮影)

先日、銚子電鉄の撮影ツアーに行って来た。当日のハイライトは3年ほど前に廃車になった元営団地下鉄2000型を含む4台並び。天気は終始曇り空で残念だったが、色違いの古い電車が4台横並びした姿はなかなかけっこうなお手前でした。

この日は経営難の銚子電鉄を少しでもサポートしようというツアー。銚子電鉄の協力で、車庫の中で撮影させてもらった後は電車の中でお弁当食べて、お土産には名物ぬれ煎餅と合格祈願の記念切符がついてくるというたいへんありがたい企画でした。

_c020049

_c0201032

_c020071
  元京王、元営団地下鉄、そして湘南顔、いずれも懐かしいかぎり。

_c020155                               仲ノ町のアイドル、デキ3はレストア中。

_c020152
車庫の中も見せてもらった。たくさんの工具がある作業台。古い車両を手作業で保守しながら使っている姿がひしひしと伝わってくる。

_c020011
こちらがお昼ご飯に出た「鯖威張る弁当」ぬれ煎餅に続いてヒットを狙ってます。おいしかったです。持って帰ってお茶漬けにして食べたい感じです。
銚子電鉄は、あの「まずい棒」などユニークなネーミングがあります。この弁当も包み紙が楽しい。聞くところによると社長がダジャレ好きな方だとか。

Dscf2184
お土産のかずかず。

Olympus OM-D E-M1 Mark II ,  Zuiko 12-100/4 PRO

今回、オリンパスのカメラを借りて使いました。噂に聞いていた強力な手振れ補正は驚愕の性能。電子シャターでそっとシャッター押せば1秒でも止まります。ビックリ。
この高倍率ズームも小型でボディとのバランスもよく、シャープなレンズです。片手でも撮れてしまうような軽いボディ1台で、ズーム1本でレンズ交換もしないし、こんな安楽な撮影を続けているとやがてアホになり、ついには廃人になりそうな気がしてきました。それくらい簡単にきれいな写真が撮れます。

2018年11月24日 (土)

トラムの走る町 35 ハーグ公共交通博物館 オランダ   服部一人

_kzf3296

_kzf3281

_kzf3254

ハーグ市内には赤いツートンカラーのモダンな車両が走るトラム網がありますが、こちらはまた別の機会に。今回は僕の好みの古い車両をご案内。ここは路面電車の古い車庫を利用した博物館。おもに4月から10月の日曜日の午後のみ開館ということで、外国から訪れるにはなかなか日程調整が難しいところです。
さて、どうせはるばる行くならイベントのある特別な日に、ということで9月初旬の開館記念日をねらって行ってきました。

ここはたくさんのビンテージトラムを動態保存しており、通常の開館日にはそのうちの1両が市内を走ります。そして、なんとこの日は記念日で通常より多い5両もの電車が市内を走るという大盤振る舞い。古いトラム好きにはたまらない一日となりました。

Kazt3775

Kazt3941

Kazt3989

_kzf3231

_kzf3265

Kazt3725
  Fuji X-T2, X100f,  XF23, 35, 50

先回もお伝えしましたが、いま青山のギャラリーでグループ展をやっております。このハーグの電車を含む欧州の小さな鉄道の写真を展示しています。ぜひご覧ください。

グループ展 「Railway 髭おやじとゆかいな仲間たち」



2018.11.21(水)-12.3(月) 
火曜日休廊

12:00~19:00(最終日は16:00まで)



ギャラリーストークス GALLERY STORKS


東京都港区南青山6-2-10 TIビル4F 
03(3797)0856



地下鉄「表参道」駅B3出口のエスカレーターより、
南青山5丁目交差点を左折、骨董通りを高根町方向へ。
南青山7丁目交差点手前。徒歩8分

2

2018年11月12日 (月)

写真展のご案内   服部一人

2

みなさん、こんにちは。いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。


毎年やっております日本大学芸術学部写真学科卒業生鉄道ファンの写真展が今年も開催されます。昨年と同じ青山の会場です。レイル・オンからは梅村と服部が出品します。

私は、このところブログで発表していますヨーロッパのトラムを出品します。今回はオランダ、ベルギー、フランスです。
また初日の11月21日には夕方からパーティも開かれます。狭い会場ですが、よろしければお越しください。


グループ展 「Railway 髭おやじとゆかいな仲間たち」

2018.11.21(水)-12.3(月) 
火曜日休廊

12:00~19:00(最終日は16:00まで)

ギャラリーストークス GALLERY STORKS

東京都港区南青山6-2-10 TIビル4F 
03(3797)0856

地下鉄「表参道」駅B3出口のエスカレーターより、
南青山5丁目交差点を左折、骨董通りを高根町方向へ。
南青山7丁目交差点手前。徒歩8分

_kzf4775c

Kazt3781ok

Kazt4182

皆様のお越しをお待ち申し上げております。
よろしくお願いします。


より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28